和麹づくしの雑穀生酵素の飲み方で失敗しない為には!?

 

40代50代女性の体の低下を生酵素で劇的にサポートしてくれる!と評判の和麹づくしの雑穀生酵素^^

そんな和麹づくしの雑穀生酵素ですが、効果的な飲み方を知りたい人が結構いるよう。

そこで今回は、基本的な飲み方から効果的な飲み方、注意する飲み方まで色々と調べてしまいました^^

これらの飲み方を知っていれば、飲み方で失敗せずに飲むことができますよ。

和麹づくしの雑穀生酵素の飲み方

まずは基本的な飲み方のチェックをしてみましょう。

和麹づくしの雑穀生酵素の基本的な飲み方
『1日1粒程度を目安に、水などと一緒にお飲みください。』(公式より)

こんな風に1日1粒だけでいいです。

それに和麹づくしの雑穀生酵素を飲む時は、水や常温水で飲んだ方がいいです。

「酵素」は熱さに弱く、「48度以上の熱で死滅する」とも言われているので、水や常温水で飲むのがオススメです。

 

和麹づくしの雑穀生酵素の飲むタイミング

飲むタイミングについても見てみましょう^^

和麹づくしの雑穀生酵素の飲むタイミング
『飲み方に決まりはありません。』(公式より)

こんな風にいつ飲んでもいいものです。

もともと和麹づくしの雑穀生酵素はサプリメントです。サプリメントは食品(食べ物)と同じ扱いものです。

なので、基本的にはいつ飲んでもいいんです^^

後ほど「効果的に飲むタイミング」ついても紹介しているので下記を見てみてください。

 

和麹づくしの雑穀生酵素の効果的な飲み方(飲むタイミング)

効果的な飲み方(飲むタイミング)です。

和麹づくしの雑穀生酵素の効果的な飲み方(飲むタイミング)

☆出来るだけ長い期間飲む。

☆毎日しっかりと飲む。

☆運動をするともっと効果的。

☆食事前に飲む。

です。

☆出来るだけ長い期間飲む。

もともと和麹づくしの雑穀生酵素のような酵素サプリは時間がかかります。飲んですぐに効果を実感できるものではないんです..。

中には飲んですぐに効果を実感できていた人もいましたが、やっぱり少し時間がかかってしまいます。

最低3ヶ月以上を飲んでいくのがオススメです。3ヶ月もすると、効果を実感しだす人が多いからです^^

まずは3ヶ月をめどに飲み進めるといいですよ。

 

☆毎日しっかりと飲む。

これも効果的な飲み方になります。

どうせ和麹づくしの雑穀生酵素を飲むなら、「毎日」です。

毎日飲むことで、徐々に成分が浸透し、いろんな効果を感じることができます。

先ほど少しご紹介した『出来るだけ長く飲む』と同じですが、『美も1日にしてならず!』ですね^^

 

☆運動をするともっと効果的。

これも良く言われていることですが、やっぱり大切です^^

和麹づくしの雑穀生酵素を飲みながら、運動もしてみることです。

酵素自体は代謝アップや体の巡りをよくしてくれるので、運動だけをするより効果的になります。

その他、食事内容にも気をつけていくとなおさらいいですよね。よく言われていることですが…(^^;

 

☆食事前に飲む。

私は、和麹づくしの雑穀生酵素を飲むなら、『食事前』に飲むのが一番!と思ってます^^

食事前に飲むと、消化をサポートしてくれるだけでなく、代謝を効率的に上げてくれます。

それに食事前に飲むと、脂肪抑制、脂肪分解も期待できるので、オススメです^^

 

和麹づくしの雑穀生酵素の注意する飲み方

最後に和麹づくしの雑穀生酵素を飲む時に『注意すること』もあるので気をつけてください^^

注意する飲み方

★過剰摂取しない。

★原材料&成分確認をしてから飲む。

★水以外で飲む。

★妊娠中や授乳中時には気をつける。

です。

 

★過剰摂取しない。

必要以上に和麹づくしの雑穀生酵素を飲むと、下痢や腹痛などの副作用が出ることがあります。

たくさん飲めばすぐに効果を実感できるものではないので、しっかりと目安量を守った方がいいです^^

(目安量:1日1粒)

 

★原材料&成分確認をしてから飲む。

これも気をつけた方がいい飲み方です。

和麹づくしの雑穀生酵素の成分や原材料が体に合わない人がいます。とくに、アレルギーの人はそうですよね。

なので、和麹づくしの雑穀生酵素を飲む前に1度は確認しておいた方がいいです。

和麹づくしの雑穀生酵素の原材料&成分

『酵母、ゼラチン、チアシード粉末、麹抽出濃縮物(難消化性デキストリン、米麹抽出濃縮物、大豆麹抽出濃縮物)、穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、タカキビ、紫黒米、米粉)、穀物麹粉末(米、はと麦、赤米、押麦、黒米、もち麦、もちきび、とうもろこし、もちあわ、アマランサス、モチ玄米、はだか麦、青肌玄米、米粒麦、ひえ、緑米、小豆、たかきび、うるちあわ)、米麹粉末、穀物麹(白米、大麦、玄米、赤米、粟、ヒエ、キビ、タカキビ、黒米)、酢酸菌発酵物加工粉末、野草醗酵エキス末(デキストリン、オリゴ糖、砂糖、甜菜糖、ヨモギ、その他)、野草発酵エキス末(デキストリン、植物発酵エキス)、野草発酵エキス末(デキストリン、植物発酵エキス(糖蜜、黒砂糖、ヨモギ、ウコン、その他)、植物発酵生成物、植物発酵食品、野草発酵エキス末、植物発酵エキス末、納豆菌培養エキス、乳酸菌末(デキストリン、乳酸菌)、酒粕発酵物、中鎖脂肪酸含有粉末油脂、ミネラルイースト、酵母ペプチド、有胞子性乳酸菌、穀物醗酵エキス/ステアリン酸Ca、酸化チタン、V.C、酸化防止剤(カテキン、抽出V.E)、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12(一部にゼラチン・大豆・山芋・リンゴ・キウイフルーツ・バナナ・モモ・オレンジ・ゴマ・カシューナッツ・小麦を含む)』(公式より)

 

★水以外で飲む。

これも気をつけた方がいい飲み方です。

基本的には和麹づくしの雑穀生酵素は水や常温で飲んだ方がいいですが、ジュースやコーヒー、牛乳などと一緒に飲まない方がいいです。

和麹づくしの雑穀生酵素の成分と合わない可能性があったり、成分を阻害してしまう恐れがあります。

せっかく和麹づくしの雑穀生酵素を飲んで効果を感じようとしているのに、これでは逆効果です。

なので、和麹づくしの雑穀生酵素を飲む時は、水あるいは常温水で飲むようにした方がいいです^^

 

★妊娠中や授乳中時には気をつける

妊娠中や授乳中時は体が不安定でデリケートな時期です。

基本的には和麹づくしの雑穀生酵素を飲んでも大丈夫ですが、一応お医者様に相談してから飲んだ方が安全です。

自分だけでなく、赤ちゃんにも影響が出ますのでくれぐれも気をつけた方がいいです。

 

<まとめ>

 

ここまで色々と和麹づくしの雑穀生酵素の飲み方についてみてきました。

どうせ飲むなら、効率的に早く効果を実感したいですよね!

上記でご紹介した飲み方のポイントを参考にしていただき、少しでも早く理想の自分になるといいですね^^

 

和麹づくしの雑穀生酵素のお得情報

そんな和麹づくしの雑穀生酵素ですが、今定期便(毎月お届けコース)がとてもお得です^^

♡通常5,687円→今なら初回たったの500円(送料無料)^^

(1日たったの16円)

♡2回目以降:30%オフの3,980円(税込)

♡解約は5回目以降ならできます。

(公式より)

今、在庫が少なくなっているので、早めにチェックした方がいいですね^^

詳しいことは、和麹づくしの雑穀生酵素の公式ホームページへ。

和麹づくしの雑穀生酵素の公式ホームページならこちら♪