ビタブリッドcフェイスとビーグレンの違いって?どっちがいい?徹底比較♡

今、ビタミンCをしっかりと引き出し浸透させることで、自分史上最高の肌が目指せる!と、評判のビタブリッドcフェイスとビーグレン。

そんなビタブリッドcフェイスとビーグレンですが、どこがどう違うの?と思い、『その違いや特徴』について比較してみました^^

これらの比較を参考にしていただき、どちらが自分に合うアイテムなのか見つかるといいですね♡

(*ビーグレンには様々商品がありますが、今回はCセラムで比較をしていきます^^)

ビタブリッドcフェイスとビーグレンの比較ポイント!

色々と調べた結果。

お得に購入でき、ビタミンCの浸透でうるおいある、もっちりした肌を目指したい!のなら、ビタブリッドcフェイスがオススメ^^

ツヤやハリのある肌だけでなく、くすみケアや透明感ある肌も手に入れたい!のなら、ビーグレンがオススメです^^

そこで、こんなポイントでビタブリッドcフェイスとビーグレンの違いを比較してみました^^

ビタブリッドcフェイスとビーグレンの比較ポイント
★効果の違い。

★使い方の違い

★配合成分の違い

★痛みの違い

★値段の違い

以上5つのポイントで見ていきます。

それでは、1つづつ見ていきましょう^^

 

ビタブリッドcフェイスとビーグレンの違い:効果

まずはビタブリッドcフェイスとビーグレンの効果について比較してみました。

それぞれどんな効果を期待できるんでしょうか?

ビタブリッドcフェイスで期待できる効果
♡うるおい肌

♡もちもち肌

♡引き締まった肌

♡年齢肌をケア

ビーグレンで期待できる効果
♡つや感のある、若々しい肌

♡引きしまった、ハリのある肌

♡しなやかな弾力を持つ、柔軟な肌

♡ベタつきのない、なめらかな肌

♡くすみのない、透明感のある肌

♡コンディションの良い、すこやかな肌

こんな風に「効果」でいうと、ビーグレンの方が一歩リードしています^^

ハリや若々しいツヤのある肌を目指せますが、くすみや透明感ある肌も目指せることができます。

これなら、断然ビーグレンの方がいいですね!

 

ビタブリッドcフェイスとビーグレンの違い:使い方

それから「使い方」の違いについても見てみました^^

それぞれどんな使い方で、どちらがより手軽にケアできるのでしょうか?

ビタブリッドcフェイスの使い方
水に溶かして1日2回塗るだけ。3gで1ヶ月使用可能。
ビーグレンの使い方
顔全体を包むようにやさしくなじませるだけ。15mlで朝・夜使用で1ヶ月使用可能。

こんな風にどちらも「使い方」についてはカンタンです。手軽に毎日ケアできるように作られています^^

これならとくに違いがないので、引き分けですね(^^;

 

ビタブリッドcフェイスとビーグレンの違い:配合成分

次に「配合成分」についても見てみました。それぞれどんな成分が配合されているんでしょうか?

期待できる成分やお肌に合うものかどうかなど、色々とチェックしてみてください^^

ビタブリッドcフェイスの配合成分
★アスコルビン酸

★酸化亜鉛

★ステアリン酸グリセリル

などが配合されています。

ビタブリッドcフェイスには肌の酸化防止作用やターンオーバーの促進などにより、肌に潤いや肌を柔らかくしてくれます。

何よりビタミンCが12時間も浸透するので、これはかなり嬉しいですね^^

 

ビーグレンの配合成分
★PG

★アスコルビン酸

★レシチン

★ポリアクリルアミド

★イソパラフィン

★ラウレス-7

などが配合されています。

ビタブリッドcフェイスと同じ成分も含まれていますが、とてもシンプルな配合。

余分なものが一切なく、とにかく「ビタミンC」を引き出すことに配合された成分のみ。

また、ビーグレンは成分自体を光や酸素から守るため、容器にも様々な工夫が施されています。

こんな風に見ると、成分の比較では互角でも容器にまで気を使っているビーグレンの方が効果を期待できますし、安心できますね^^

 

ビタブリッドcフェイスとビーグレンの違い:痛み

また、「痛み」についても比較してみました。

実際に使用してみて、「痛み」があったら、イヤですよね..。

そこで、使用後の「痛み」についても調べてみました^^

ビタブリッドcフェイスの痛み
基本的には痛みはない。(但し、肌質による)
ビーグレンの痛み
基本的には痛みはない。(但し、肌質による)

こんな風に基本的には痛みがなく、安心して使えるものです。

また、ビタブリッドcフェイスはビタミンCの刺激を和らげるために酸化亜鉛で保護しています。刺激が少なくなるように作られています。

ビーグレンの方も先ほど少しご紹介したように「容器」にまで気を使って安全面を考慮されています。

 

ただ、肌に合わない人や敏感肌の人、傷口などに使うと痛みが出ることがあります。

なので、使用量を少なくしたり、回数を減らしたりすれば、痛みもなく使い続けることができます。

もしくは、時間の経過とともに肌が慣れてくるのでそこまで痛みを感じません^^

 

ビタブリッドcフェイスとビーグレンの違い:価格

最後に一番気になることじゃないでしょうか^^

ビタブリッドcフェイスとビーグレンの価格について見ていきます。

どちらがよりお得に購入できるのでしょうか?

ビタブリッドcフェイスの価格
♡通常4,960円→今だけ1,500円(送料無料)^^

♡定期コースの解約は次回発送の10日前に連絡すればできます^^

ビタブリッドCフェイスならこちら♪

ビーグレンの価格
♡単品のみ:5,076円(税込)

ビーグレンならこちら♪

こんな風に「価格」でいうと、ビタブリッドcフェイスの方がリーズナブルです^^

今なら初回たったの1,500円。それに10日前に連絡すれば、ちゃんと解約ができるので安心できます^^

 

~おわりに~

ここまでビタブリッドcフェイスとビーグレンの違いについて見てきました。

結果。『効果』、『成分&原材料』、『価格』のポイントで違いがありました。

とくに、ビタブリッドcフェイスは1回でビタミンCを12時間も浸透させることができ、1日2回使用すれば24時間ずっと肌ケアをすることができます。それにお値段がリーズナブルなのも特徴です^^

また、ビーグレンはビタミンCを最大限に引き出すシンプルな成分配合。効果もツヤがありハリのある肌を目指せるだけでなく、くすみケアや透明感ある肌を目指せるのが特徴^^

 

なので、お得に購入でき、ビタミンCの浸透でうるおいある、もっちりした肌を目指したい!のなら、ビタブリッドCフェイスがオススメ^^

ツヤやハリのある肌だけでなく、くすみケアや透明感ある肌も手に入れたい!のなら、ビーグレンがオススメです^^

これらの比較が何かしら参考になるといいですね。

ビタブリッドCフェイスならこちら♪

ビーグレンならこちら♪